ドッグフードは名前ではなくて原材料で選びましょう

愛犬の柴犬はペットショップから、迎え入れました。

なので、ドッグフードもそこのお店であげていたものを食べさせていました。
有名なドッグフードでしたし、まあまあなお値段もしていたので、安心な商品だと信じていました。

ただ、元気に育ってはいたのですが、痒がるようなしぐさが結構増えてきてしまいました。
柴犬は、皮膚の病気にかかりやすいと聞いていたので、心配になって、フードについて少し勉強してみました。

そうすると、今までのフードは少し問題があることがわかりました。
主原料も肉などのたんぱく質ではないし、何より添加物の使用がとても気になりました。

安価なドッグフードであれば、添加物の使用、安全ではない原料の使用があることは知っていました。
しかし、名の通った商品でも心配になるような原料が使われていることに驚きました。

いまは、愛犬の健康を考える飼い主さんも多く、健康によいフードもあります。
人でも食べられる原料の使用、無添加、犬の体や習性を考えたレシピをもとに作られている高品質のドッグフードもきちんとあるのです。

愛犬のためにも、飼い主がきちんと学ぶことが大事だと感じました。
ドッグフードは名前ではなく、原料や成分をしっかり確認して選ぶことが重要だと思います。

飼い主次第で、愛犬の健康も大きく変わるのだと実感しました。

あわせて読むとおすすめ>>>>>カナガン 最安値