全館空調にしたのですが、空調の排気口の設置場所を誤りました

基本的に全館空調の排気口は壁の側面に設置されるように設計されたのですが、なぜか?パウダールームとバスルームの境界の部分に設置されてしまった箇所がありました。

しかも壁の側面ではなく、まるでライトのように天井から下に向けてといった感じの設置なのです。

その為、お風呂から上がってくると直に頭から排気口から出てくる風を浴びてしまいます。

夏は風が吹いて涼しい感じがして良いのですが、冬はいくら全館空調とはいえ頭から風を被るような感じとなりとても寒く感じます。

正直、こちらは素人なので風の出てくる排気口の位置なんてイメージできる筈もなく、完成して住み始めるようになってから気付いたという。

他にも子供部屋の排気口の設置もこれと同じタイプになっている為、位置的に勉強机をその下に置きたかったのですが、やはりもろに頭から風を被ってしまうので机の配置にも気を遣うこととなりました。

できれば空調の排気口の設置は上から下に向けてというのは避けて、全て壁の側面に設置するというのが理想のようです。

その方が人に直接、風が当たるということもなく、家の中が全館空調で管理されているということを忘れてしまうほど快適に過ごせると思います。

実際、その他の寝室やリビングなどはかなり快適です。

おすすめ⇒注文住宅 結城市